ハードディスク

コールセンターの女性

パソコンのハードディスクのトラブルについてはいつ起こるのかわからない部分が多い。トラブル発生時には、パソコンが起動しないなどの事態が起こり、ハードディスクからのデータ復旧ができないケースもありえる。 こうしたハードディスクの障害に伴う、データ復旧ができないという事態から回避する方法を考えなくてはいけない。まずはパソコンのデータを定期的に、可能な限り短いスパンでバックアップをとった方がよいであろう。バックアップをする間隔が短いほどハードディスク障害からのデータ復旧がスムーズに行う事が可能である。 逆に間隔が空きすぎるとデータ復旧したとしてもトラブル時とバックアップ時のデータのタイムラグが生じてしまう事態もありえるので、注意したい。

データのバックアップについては一番多くとられている方法としては外付けハードディスクである。外付けハードディスクはUSBケーブルでパソコンに接続するだけで簡単にデータバックアップをする事ができるため、企業だけでなく家庭でも多く行われている方法である。もちろん外付けハードディスクも消耗品であるため、いつかは故障するが、やはり手軽さとデータ復旧の容易さを考慮すると、データバックアップの一番手といってもよい。 他にはDVDやブルーレイディスクへのデータバックアップである。こちらの方は保管に場所をあまりとらないのと、データ保管期間が長期間の場合に向いているといえる。容量の関係で動画などは枚数が多くなる場合があるが、こうした媒体も是非活用したいところである。