きちんと把握しておこう!婚約指輪の基礎知識まとめ

婚約指輪を贈る

エンゲージリングとも言われる婚約指輪は、プロポーズの際に男性が女性に贈る指輪のことを指しています。主に婚約の証として渡すことが多く、特別感を出すためにダイヤモンドなどを豪華に使用した指輪となっているでしょう。女性の素敵な婚約指輪を贈るためにもデザインなどを調べていくことは大事ですよ。

婚約指輪の基本デザイン

ソリティア

婚約指輪の定番とも言えるデザインに「ソリティア」があります。指輪にダイヤモンドなどの石を1粒だけセットしたデザインとなっており、根強い人気を集めています。

メレ

指輪の中央にメインとなる石をおき、その脇に0.03カラット以下の小粒ダイヤモンドであるメレダイヤがあるのが「メレ」となっています。華やかな印象を持たせることが出来ますよ。

パヴェ

アーム部分にダイヤモンドを敷き詰めている婚約指輪のことを「パヴェ」と呼んでいます。ゴージャスなデザインとなっており、キラキラと輝いて非常に美しいでしょう。

エタニティ

結婚指輪でも基本的なデザインとなっていますが、「エタニティー」は婚約指輪でもよく見かけるでしょう。同じカットとサイズのダイヤモンドがアームに並んでおり、まるで永遠の愛を象徴しているような指輪です。

色石リング

少し個性的なデザインを好む場合は「色石リング」に注目してみるといいですよ。ブルーやピンクなど天然ながらも綺麗な色合いを持っている婚約指輪となっています。ダイヤモンドの代わりに誕生石にするのも人気でしょう。

きちんと把握しておこう!婚約指輪の基礎知識まとめ

手

女性に贈るタイミング

婚約指輪はどのタイミングで渡せばいいのか多くの男性が気になっているでしょう。実は婚約指輪を渡すタイミングは特に決まっておらず、カップルによって違いがあります。しかし、一般的にはプロポーズの際に渡すのが主流となっているので、プロポーズのときを意識すると良いでしょう。なお、きちんとお互いの家族にお披露目出来るように婚約指輪は顔合わせや結納前には用意しておくことです。

婚約指輪の相場

昔はよく「婚約指輪は給料3ヶ月分」というイメージがありましたが、現在はどうなんでしょうか。ここ数年の婚約指輪の購入価格を調べていくと大体20~40万円近くとなっていました。結婚指輪の倍の価格となっているでしょう。そのため、婚約指輪は20~40万円を相場と考えて購入していくと良いですよ。

事前に準備をしておこう

婚約指輪も結婚指輪と同様に大事なアイテムとなるので、事前にしっかりと準備をしておきましょう。結婚するまで婚約指輪について何もわからないこともあるので、インターネットなどで情報を集めることです。情報を集めていくうちに自分たちの婚約指輪について、イメージがかたまるでしょう。なお、婚約指輪はオーダーメイドが基本となっているので、余裕を持ったスケジュールを立てて女性にプレゼントすることです。

広告募集中